スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行って来ましたシンポジウム!!


いつも更新の間隔がまばらで申し訳ないです;

欲を言えばもう少し見てくださる方が増えて、
カウンターがたくさん回ればいいのになぁ…
(やっと最近カウンターが120まで到達しました!)
そんなことをこの頃思う、まりえです(*^^*)


先日宣伝させていただきました
「ヒトと動物の関わり合いを考える会」シンポジウム、
SHメンバー8人で行って参りました♪


伴侶動物・野生動物・産業動物・展示動物
それぞれについて、
「ヒト」との関わりあい方を考えた“一例”として
講演が行われました。

シンポ

シンポ


先代部長さんと、ペット班班長さんが
舞台上に上がってディスカッションを行ったりもしました♪

シンポ


ここで行われたのはあくまでも「一つの考え方」です。

自分が共感できたのならさらに考えを深めていただきたいし、
何か違うと思うなら、そのような考えもあるのだと理解をし
視野を広げた考えを出来るようになったらいいな

そんな風に私は思いました。

SHのメンバーでこのシンポジウムに参加できたのは
とても貴重な体験になったと思います。

このような場に来ることはモチベーションもあがりますし、
幅広い地域・大学・分野の方とコミュニケーションが取れます。

これからも積極的にこのような場に出向けたらなぁと思います。




ヒトと動物は切っても切れない関係です。
それはこの地球に住む限り、
…いえ、この世に生を受けた限り
逃れられないことです。

「関係」についての「完全なる答え」はないのではないかと
思ってしまうほど悩みは尽きず、
無限ループのように思考はめぐります。

でもだからこそ
考える価値があり、
また考える必要があるのだと思います。


どんな動物でもいいです。
あなたの身の回りの動物と
ヒトである自分自身との関わりあい方を
この機会に考えてみてはいかがですか?
スポンサーサイト

コメント

No title

私もこのシンポジウムに参加しました。
HPで興味を持って参加したんですけど、ちょっと私の考えとは違いがあり、質疑応答や意見の場が欲しかったです。。。

常動行動の問題、産業動物の問題、今まさに色々と問題になっていることを違う捉え方で発表し常動行動が「檻の中にいたら、そのような行動になるのは自分で考え出した行動」みたいな発言や、産業動物では断嘴は断尾…etc.をするには訳があって仕方がない等の発言は、不適切だと思いました。

現在畜産系は「動物の福祉」を考えるよう指針を取り決めたりしています。
『仕方がない』のではなく、より良い動物の福祉を考えたシンポジウムにしていただきたかったです。

Re: No title

めい様、コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
SWEET HEART(以下SH)広報担当としてHPやブログを管理させていただいております、
2年のまりえと申します。

同じ場に参加していたという事で、とても嬉しく思います。
確かに質疑応答の場が無かったのは寂しいですよね…
せっかく人が集まっている場です、交流することで得るものはお互いに大きいと思います。

動物を取り巻く人間社会はとても複雑です。
ゆえにたくさんの考えが存在していると思います。
納得出来ない考えを受け入れろとは誰もいえませんが、
「そういった考えを持つ人もいる」という認識を持ってみてはいかがでしょうか?
否定しあうばかりでは対立ばかり生んでしまって
せっかくの良い部分まで隠してしまうと思うのです。
(注※これもあくまで私の個人的な一意見です。)

誤解があっては申し訳ないので書きますが、
SHはブース出展・ディスカッションをさせていただいただけなので、
シンポジウム全体の主催には関わっておりません。

これからも様々な場で情報発信をしていきたいと思っております。
どこかの場でお会いできたら、ぜひ交流しましょう。

長々と失礼しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。